民間企業の障害者雇用数が過去最多


政府は16日、2015年版の「障害者白書」を閣議決定しました。

 それによりますと、民間企業で働いている障害者の雇用数は昨年6月時点で約43万1000人となり、11年連続で最多更新となりました。また、従業員に占める障害者の割合は1.82%となりこちらも過去最高となりましたが、法律で定めた2.0%の雇用率を達成した企業は44.7%にとどまりました。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www8.cao.go.jp/shougai/whitepaper/index-w.html