「平成26年度個別労働紛争解決制度施行状況」が公表されました


総合労働相談件数は7年連続で100万件を超え、高止まりしています。
総合労働相談のうち、民事上の個別労働紛争の相談内容では「いじめ・嫌がらせ」が62,191件と、3年連続で最多となりました。
1  総合労働相談件数、助言・指導申出件数、あっせん申請件数のいずれも前年度と比べ減少
  ・総合労働相談件数                 1,033,047 件(前年度比1.6% 減)
   →うち民事上の個別労働紛争相談件数    238,806 件(  同   2.8% 減)
  ・助言・指導申出件数                   9,471 件(  同   5.5% 減)
  ・あっせん申請件数                     5,010 件(  同  12.3%減)
  ・全体的に減少傾向にあるものの、総合労働相談件数が7年連続で100万件を超えるなど、高止まり。
2  民事上の個別労働紛争の相談内容は「いじめ・嫌がらせ」が3年連続トップ
  ・「いじめ・嫌がらせ」に関する相談件数は62,191件(前年59,197件)で3年連続トップ、助言・指導の
申出では1,955件(前年2,046件)で2年連続トップ、あっせんの申請では1,473件(前年1,474件)で初めてのトップ
3  助言・指導、あっせんともに迅速な処理
  ・助言・指導は1か月以内に97.3%、あっせんは2か月以内に92.0%を処理

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-10401000-Daijinkanbouchihouka-Chihouka/Daijinkanbouchihouka-Chihouka270612.pdf