有効求人倍率、5月は1.19倍に改善 約23年ぶりの高水準


厚生労働省が26日発表した5月の全国の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.02ポイント上昇の1.19倍となりました。2ヶ月連続の改善で、1992年3月(1.19倍)に並ぶ23年2ヶ月ぶりの高水準となりました。

 有効求人倍率はハローワークで仕事を探す人1人に対する企業からの求人件数を示す指標です。倍率が高いほど求職者は仕事を見つけやすいですが、企業は採用しづらくなります。5月は有効求職者数が前月から1.3%減った半面、有効求人数は0.7%増え、景気回復を受けて求人数が増え続ける一方、採用の増加を背景に求職者数自体が減っているため、求人倍率が改善しました。