国民年金保険料納付率63%に改善、3年連続の上昇


厚生労働省は6月26日、自営業者らが支払う国民年金保険料の2014年度の納付率が63.1%となり、前年度から2.2ポイント上昇したと発表しました。過去最低だった11年度(58.6%)から3年連続で上昇となりました。

 14年度末の国民年金の加入者は前年度末より63万人少ない1742万人。納付率が低かった20~24歳が前年度比3.0ポイント増の59.3%、25~29歳が3.1ポイント増の53.0%に増加するなど若者の改善幅が大きかったことが全体の納付率を押し上げました。ただ、免除・猶予になっている602万人を対象に含めた実質的な納付率は40.6%で、前年度から0.4ポイントの改善にとどまっています。