ハローワーク 「就業継続サポートプラン」を実施


全国のハローワークで、従業員の離職を防止し、継続した就業に対する事業主の取組を支援する「就業継続サポートプラン」を実施すると9月1日厚労省が発表しました。

 それによりますと、事業主の「職場定着・就業継続」に対する取組みに対し、特に対応に苦慮するという事業主からの声が多い分野、また継続して働きたいとする労働者からの声が多い分野、5つの分野についてハローワークでは積極的なサポートを強化するというものです。

 ■「就業継続サポートプラン」でサポートを強化する5つの分野
 (1)若年者をはじめとする一般従業員の職場定着
 (2)障害のある従業員の職場定着
 (3)メンタルヘルス不調の従業員の就業継続等
 (4)疾患を抱える従業員の就業継続
 (5)育児・介護をする従業員の就業継続

 詳しくはこちらをご覧ください。
 >>http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000096095.html