女性活躍推進法案が可決 参院内閣委員会


女性の登用を促進させるための女性活躍推進法案が25日、参院内閣委員会で自民、公明、民主各党などの賛成多数で可決されました。28日の参院本会議で成立する見通しとなっています。

 女性活躍推進法案とは、働きたい女性の社会進出のために環境整備を促していくものです。国・自治体・301人以上の企業に対し、男女の採用比率や労働時間・勤続年数の差などの労働状況の現状分析を要請し、女性登用の数値目標設定や取り組む内容など行動計画の策定などについて公表を義務付けるものとなっています。