求人票と異なる労働条件 対策を要望


ハローワークの求人票で示された労働条件と、実際の勤務実態が大きく異なるケースが多数発生しているとして、ブラック企業の相談を受ける労働団体の関係者が13日、厚生労働省を訪れ、虚偽の求人への取締りを強めることや、問題があった企業の求人を一定期間受け付けないといった対策を取るよう申し入れました。