採用活動指針 再び見直し 経団連


経団連が大学生の採用指針を11月にも再び見直す方針を固めたことが7日分かりました。
 大学生の採用活動の面接の解禁時期を8月に後ろ倒しした指針について、経団連の榊原会長は活動が長期化したなどの問題点も指摘されていることから、実態を調査したうえで改善を求める意見が多ければ、来年見直すこともありうるという考えを記者会見で示しました。