個人番号カード交付円滑化推進本部が発足し第1回会議が開催


個人番号カードの交付手続が円滑に行われるようにするため、10月1日に、総務大臣を本部長とする「個人番号カード交付円滑化推進本部」を設置され、第1回会議が開催されました。
この本部が設けられた目的として次のように発表されています。

「マイナンバー制度は、行政を効率化し、国民の利便性を高め、公平かつ公正な社会を実現する社会基盤となる制度でありますが、平成27年10月5日の番号利用法の施行日以降、順次マイナンバーが通知されることとなっています。平成28年1月からは個人番号カードの交付が開始されますが、個人番号カードは、番号利用時に本人確認に利用されることとなるほか、写真付きの公的な身分証明書として幅広く利用可能となるものであり、また、住民票の写し等のコンビニ交付の際に利用するなど、生活に欠かせないカードになるものと考えられます。今後多くの発行が期待される個人番号カードについて、交付申請の受付や交付の手続が円滑に行われるようにするため、10月1日に、総務大臣を本部長とする「個人番号カード交付円滑化推進本部」を設置します。」

詳細は以下のURLからご覧いただけます。
総務省HP「個人番号カード交付円滑化推進本部の発足及び第1回会議の開催」
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01gyosei02_03000081.html