厚労省 ストレスチェック制度の具体的な運用方法が発表されました。


厚労省は15日、2014年6月に公布された労働安全衛生法の改正に盛り込まれたストレスチェックの義務化について具体的な内容や運用方法を発表しました。

 ・ストレスチェックに関する実施頻度や結果の作成・保存の方法や医師の面接指導の実施方法などの具体的な内容・運用方法を定めた省令

 ・実施者が修了すべき厚生労働大臣が定める研修の科目や時間について定めた告示

 ・ストレスチェックついて、高ストレス者の選定方法、結果の通知結果の通知方法と通知後の対応、面接指導結果に基づく事業者が講ずべき措置などの指針

 詳しくはこちらをご覧ください。
 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000082587.html