20歳前障害基礎年金 再調査で823人の支給を継続


日本年金機構から、「平成29年度において1年後再審査とした20歳前障害基礎年金受給者(1,010人)の審査結果等」が公表されました(平成30年10月17日公表)。

日本年金機構は、20歳前障害基礎年金の受給者1010人について「障害の程度が軽い」として打ち切りを検討していましたが、再審査の結果、このうち823人の支給継続を決定しました。
なお、既に打ち切られていた1106人(20歳前・20歳以後の合計)の支給も再開することとされました。
これで、合わせて1929人が救済されることになります。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<平成29年度において1年後再審査とした20歳前障害基礎年金受給者(1,010人)の審査結果等について>
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2018/2018101702.html