新入社員意識調査 「人並みで十分」、「苦労することはない」が過去最高を更新


公益財団法人日本生産性本部から、「平成30年度 新入社員「働くことの意識」調査結果」が公表されました(平成30年6月21日公表)。

この調査は、今春入社した社員1,644人を対象に無記名で実施。
「人並み以上に働きたいか」という質問では、「人並みで十分」が増え続け、過去最高の61.6%となっています。
また、「若いうちは進んで苦労すべきか」という質問では、「好んで苦労することはない」が増え続け、過去最高の34.1%となっています。

一方、どこまで昇進したいかという質問については、「社長」という回答が10.3%で過去最低となっています。
働き過ぎによる過労死などが社会問題になっているなか、仕事は「ほどほど」でいいと考える人が増えているようです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<平成30年度 新入社員「働くことの意識」調査結果(日本生産性本部)>
https://activity.jpc-net.jp/detail/mcd/activity001538.html