時間外労働等改善助成金支給を定めた省令を公布


これまでにもお伝えしていた「時間外労働等改善助成金」について、平成30年度予算の成立に伴い、これを支給することを定めた省令が官報に公布されました(平成30年3月30日公布)。

この助成金は、これまでの職場意識改善助成金を改称したもので、「時間外労働上限設定コース」、「職場意識改善コース」、「勤務間インターバル導入コース」、「テレワークコース」の4つのコースからなります。

メインといえる「時間外労働上限設定コース」は、時間外労働の上限設定を行う中小企業事業主を助成するためのものです。

官報の内容は、こちらをご覧ください。

<労働者災害補償保険法施行規則の一部を改正する省令(平成30年厚生労働省令第56号)>
http://kanpou.npb.go.jp/20180330/20180330t00006/20180330t000060102f.html

※直近30日分の官報情報については、無料でご覧になれます。

なお、支給額の詳細など、詳しい資料が公表されましたら、改めてお伝えします。

〔参考〕次の厚生労働省の資料に、予算に基づいた案が示されています。
この内容から大きな変更はないと思われます。

<時間外労働等改善助成金の資料>
http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11401000-Roudoukijunkyokuroudouhoshoubu-Rousaikanrika/0000188915.pdf