治療と仕事の両立支援 厚労省が参考資料を公表


厚生労働省から、「治療と仕事の両立支援に関するガイドライン」の参考資料が公表されました(平成30年3月26日)。

公表されたのは、「企業・医療機関連携マニュアル」と「難病に関する留意事項」をまとめたものです。

概要は次のとおりです。

●企業・医療機関連携マニュアル
治療と仕事の両立支援のため、企業と医療機関が情報のやりとりを行う際の参考となるように作成。次のような構成となっています。

・解説編:ガイドライン掲載の様式例の作成のポイント
・事例編:具体的な事例を通じたガイドライン掲載の様式例の記載例

●難病に関する留意事項
いわゆる難病と呼ばれる各種疾病に罹患した労働者に対して治療と仕事の両立支援を行うにあたって、ガイドラインの内容に加えて、特に留意すべき事項をまとめたもの。次のような構成となっています。

・難病の治療の特徴を踏まえた対応
・メンタルヘルスへの配慮
・難病に対する不正確な理解・知識に伴う問題の対応

人材の確保にもつながることですので、是非ご確認ください。

<治療と仕事の両立支援に関するガイドラインの新たな参考資料を公表します ~「企業・医療機関連携マニュアル」と「難病に関する留意事項」~>
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000199224.html