「建設業働き方改革加速化プログラム」を策定(国交省)


国土交通省は、建設業における働き方改革をさらに加速させるため、長時間労働の是正、給与・社会保険、生産性向上の3つの分野における新たな施策をパッケージとしてまとめた「建設業働き方改革加速化プログラム」を策定し、公表しました(平成30年3月20日公表)。

このプログラムによれば、平成30年度以降、下記の3分野で従来のシステムの枠にとらわれない新たな施策を関係者が認識を共有し、密接な連携と対話の下で展開していくとのことです。

①長時間労働の是正に関する取組
・週休2日制の導入を後押しする
・各発注者の特性を踏まえた適正な工期設定を推進する
②給与・社会保険に関する取組
・技能や経験にふさわしい処遇(給与)を実現する
・社会保険への加入を建設業を営む上でのミニマム・スタンダードにする
③生産性向上に関する取組
・生産性の向上に取り組む建設企業を後押しする
・仕事を効率化する
・限られた人材・資機材の効率的な活用を促進する

詳しくは、こちらをご覧ください。

<「建設業働き方改革加速化プログラム」を策定~官民一体となって建設業の働き方改革を加速~>
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000561.html