公共事業労務費調査の社会保険加入状況調査結果公表(国交省)


国土交通省は平成30年3月14日、公共事業労務費調査における社会保険加入状況調査結果を公表しました。調査結果によると公共工事に従事する建設企業、建設労働者の社会保険加入割合が大きく上昇したとのことです。

建設産業においては、担い手の確保と健全な競争環境の実現のため、平成24年度より業界を挙げて社会保険加入対策を進めてきました。
農林水産省及び国土交通省では、公共事業労務費調査において、平成23年度より公共工事に従事する建設企業、建設労働者の社会保険加入状況について年に1回調査しており、今回発表になったのは、平成29年10月調査の結果です。

今回の調査結果では、前年度と比べて加入割合は全体的に上昇傾向にあり、特に労働者別では大幅に上昇しました(76%(H28) → 85%(H29))。

詳細は、こちらからご覧ください。

報道発表資料「公共事業労務費調査における社会保険加入状況調査結果の公表」
http://www.mlit.go.jp/common/001225148.pdf

参考資料「社会保険加入状況調査結果について」
http://www.mlit.go.jp/common/001225155.pdf