成長戦略 4割程度に遅れ


平成30年2月1日に開催された「第13回未来投資会議」の資料が公表されました。

今回の会議では、成長戦略の実現に向けて、平成29年2月に策定した「産業競争力の強化に関する実行計画」がどの程度進捗しているかについて、報告が行われました。

実行計画で掲げられた134項目のうち、目標に向けて進捗している分野は60項目と半数以下。進捗していると評価されたのは、健康・医療分野など。一方、遅れが目立つのは、農業改革やサービス産業生産性向上、自動運転やロボット生産規模、教育現場のIT化など先端分野などとなっています。

また、今回の会議で、平成29年12月に取決めた新経済政策パッケージなども踏まえた平成30年版の実行計画の案も示されました。今年2月上旬の閣議決定を目指しているとのことです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<第13回未来投資会議/配布資料>
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/miraitoshikaigi/dai13/index.html