平成29年の有効求人倍率「1.50倍」 統計史上2番目の高水準


厚生労働省から、平成29年1年間の平均の有効求人倍率は「1.50倍」で、統計史上2番目の高い水準となったことが発表されました(平成30年1月31日公表)。

あわせて、平成29年12月の有効求人倍率も発表され、こちらは、「1.59倍」で、44年11カ月ぶりの高水準となっています。なお、同月の正社員の有効求人倍率は1.07倍と、前月より0.02ポイント上昇しており、加藤厚生労働大臣は、「現在の雇用情勢は、着実に改善が進んでいると判断しています。」とコメントしました。

菅官房長官も、雇用環境について、「量だけでなく、質の改善も進んでいる」としたうえで、働き方改革を推進していく考えを示しました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

<一般職業紹介状況(平成29年12月分及び平成29年分)について (厚生労働省HP)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000192005.html