日本年金機構 適用・徴収対策を強化(平成30年度計画案)


厚生労働省から、平成30年1月29日に開催された「社会保障審議会年金事業管理部会資料(第34回)」の資料が公表されました。

その資料の一つとして、「日本年金機構 平成30年度計画(案)」が公表されています。
これによると、「国民年金保険料収納対策」や「厚生年金保険・健康保険等の適用・徴収対策」を強化する予定であることなどが示されています。

各企業にも直接影響がある「厚生年金保険・健康保険等の適用・徴収対策」については、「年金制度の安定的な運営のため、従来の施策に加え、徴収専門の本部組織の設置、事業所向け機能の集約拠点の拡大等、公権力行使機能の再構築に向けた取組を推進するとともに、職員の専門性を高め、各種対策の取組を強化する。」とされています。

平成30年度から、このような適用・徴収対策の強化が計画されています。
具体的な対策がどのようなものになるのか、動向に注目です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<社会保障審議会年金事業管理部会資料(第34回)>
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000192588.html
※「日本年金機構 平成30年度計画(案)」については、【資料1】をご覧ください。ご興味があれば、【参考資料1】もご覧ください。