副業・兼業などに関する報告を公表(柔軟な働き方に関する検討会)


厚生労働省から、『「柔軟な働き方に関する検討会」報告』が公表されました(平成29年12月25日公表)。

この検討会は、平成29年3月に決定した「働き方改革実行計画」(平成29年3月28日働き方改革実現会議決定)において、テレワークや副業・兼業について、「ガイドラインの制定など実効性のある政策手段を講じて、普及を加速させていく。」とされたことを踏まえ、平成29年10月から6回にわたり開催されてきました。

途中経過はお伝えしてきましたが、この報告は、これまでの検討の結果をまとめたものです。

厚生労働省は、この報告を踏まえ、今後、雇用型テレワーク、自営型テレワーク、副業・兼業のガイドライン等の策定・改定を行い、柔軟な働き方の普及促進や環境整備を図っていくとのことです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<「柔軟な働き方に関する検討会」報告を公表します>
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000189535.html