平成30年度予算案を決定 過去最大の97.7兆円


政府は、平成29年12月22日、平成29年度補正予算案と平成30年度予算案を閣議決定しました。

平成29年度補正予算案については、追加歳出を2兆7073億円とし、生産性革命の関連施策などに重点配分することとされています。

平成30年度予算案については、一般会計総額97兆7128億円と6年連続で過去最大を更新。社会保障費が高齢化によって過去最大に増え、防衛費も拡大しています。一方で、景気回復に伴う税収増で新規国債発行額は33兆6922億円と8年連続で減少させ、財政健全化に配慮した形になっています。

政府は、これらの予算を、平成30年1月に召集する通常国会に提出します。
当然、企業実務に関連のある働き方改革関連の予算も計上されていますので、動向に注目です。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<平成29年度補正予算政府案が閣議決定されました(財務省HP)>
http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2017/hosei1222.htm

<平成30年度予算政府案が閣議決定されました(財務省HP)>
http://www.mof.go.jp/budget/budger_workflow/budget/fy2018/seifuan30/index.htm