労災保険率の改定などの労災保険制度の一部改正案 労政審が妥当と答申


厚生労働大臣の諮問機関である労働政策審議会は、平成29年12月18日に、厚生労働大臣が同審議会に諮問していた「労働者災害補償保険法施行規則等の一部を改正する省令案要綱(労災保険法施行規則の改正案)」に対し、本日(同月21日)、「妥当」とする答申を行いました。

この省令案要綱は、事業主が支払う労災保険料算出に用いる労災保険率の改定などを主な内容としています。

厚生労働省は、この答申を踏まえ、平成30年4月1日の施行を目指し、速やかに省令改正作業を進めるということです。

 

詳しくは、こちらをご覧ください。

<労災保険料算出に用いる労災保険率の改定等を行います~改正省令を平成30年4月1日に施行予定~>
≫ http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000188909.html