Society5.0を実現するデータ活用推進戦略などを提言(経団連)


経団連(日本経済団体連合会)は、「Society5.0を実現するデータ活用推進戦略」をとりまとめ、公表しました。これと併せて「Society 5.0 実現に向けたサイバーセキュリティの強化を求める」、「女性活躍の次なるステージに向けた提言」も公表しました。

いずれも、Society5.0に関連するもので、その実現に官民一体となって取組み、実現すれば、女性の社会進出も大きく進むとしています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<Society 5.0を実現するデータ活用推進戦略>
http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/104.html

<Society 5.0 実現に向けたサイバーセキュリティの強化>
http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/103.html

<女性活躍の次なるステージに向けた提言>
http://www.keidanren.or.jp/policy/2017/102.html

〔参考〕Society5.0とは(内閣府の定義)
次のような経済社会をいう。
① サイバー空間とフィジカル空間を高度に融合させることにより、
② 地域、年齢、性別、言語等による格差なく、多様なニーズ、潜在的なニーズにきめ細かに対応したモノやサービスを提供することで経済的発展と社会的課題の解決を両立し、
③ 人々が快適で活力に満ちた質の高い生活を送ることのできる、人間中心の社会
※狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く、新たな経済社会と位置付けています。