「デジタル・ガバメント実行計画(骨子)」に関する意見の募集(内閣官房)


内閣官房 情報通信技術(IT)総合戦略室は、「デジタル・ガバメント実行計画(骨子)」に関する意見募集を行っています(平成29年12月11日~)。

政府は、官民データ活用推進基本法及び「デジタル・ガバメント推進方針」に示された方向性を具体化し、「世界最先端IT国家創造宣言・官民データ活用推進基本計画」に掲げられた重点分野の一つである電子行政分野を深掘りし、詳細化した「デジタル・ガバメント実行計画」を平成29年中に策定することを予定しています。

この実施計画の骨子について意見募集を行うものです。

骨子の内容としては、今までの議論と違うところはありません。

具体的施策として、デジタル化3原則の徹底などを実施していくことが示されています。

●デジタル化3原則
次の3原則をいう。これを徹底して、行政のあらゆるサービスが、最初から最後までデジタルで完結する社会を目指すものです。
原則① デジタルファースト<手続オンライン化の徹底>
原則② ワンスオンリー<添付書類の徹底削減>
原則③ コネクテッド・ワンストップ<民間サービスも含めたワンストップ化>

今後、年内に、実行計画を決定し、
・平成30年1~2月ー各府省中長期計画策定作業開始
・平成30年上半期目処ー各府省中長期計画策定
といったスケジュールが予定されています。

詳細は、こちらをご覧ください。
意見募集期限は、平成29年12月18日(月)となっています。

<デジタル・ガバメント実行計画(骨子)に関する意見の募集について>
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/densi/digitalgov_boshu.html