平成30年分(来年分)の年末調整書類が公表されています


平成29年も12月、年末調整の時期ですね。そんな中、少し気が早いかもしれませんが、来年(平成30年)分の年末調整で用いる書類が公表されています。

平成30年分の所得から、配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しが行われることはお伝えしているところですが、その影響の一つに、各種の様式の変更があります。大きく変更される様式は、「給与所得者の保険料控除申告書 兼 給与所得者の配偶者特別控除申告書」。
平成29年分までは1枚にまとめられていたものが、平成30年分からは、「給与所得者の保険料控除申告書」と「給与所得者の配偶者控除等申告書」に分離されることになります。
なお、「給与所得者の配偶者控除等申告書」は、配偶者控除と配偶者特別控除に関する書類ということになります(これまで、扶養控除等(異動)申告書に記載していた配偶者控除の対象となる配偶者についても、この申告書に記載)。
その様式が国税庁から公表されています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
なお、これらの様式の上部に表示している「※ 平成29年分の年末調整では使用しないでください(平成30年分の年末調整において使用する様式です。)。」の文言を削除した様式については、平成30年1月上旬に掲載される予定です。ひとまず、以下のリンクをご確認ください。

<平成30年分 給与所得者の保険料控除申告書>
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/miteikou06.pdf
<平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書>
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/miteikou07.pdf

〔参考〕配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて、制度の概要など、全体をご覧になりたい場合は、こちら
http://www.nta.go.jp/gensen/haigusya/index.htm