不妊治療を受ける従業員に理解を(厚労省)


厚生労働省から、今月8日、「従業員が希望する妊娠・出産を実現するために~働きながら不妊治療を受ける従業員へのご理解をお願いします~」というリーフレットについて、問い合わせ先が変わったことなどのお知らせがありました。

近年、働きながら不妊治療を受ける方が増加傾向にありますが、仕事と不妊治療との両立に悩み、やむを得ず退職するケースが多いようです。

不妊治療を受ける方は、一定の職務経験を積んだ年齢層の従業員であることも多く、こうした人材を失うことは、企業にとって大きな損失となります。

リーフレットにも書かれていますが、仕事と不妊治療の両立について職場での理解を深め、従業員が働きやすい環境を整えることは、有能な人材の確保という点で企業にもメリットがあるはずです。

このリーフレットでは、不妊治療の内容や職場での配慮のポイント、仕事と治療の両立に役立つ制度などが紹介されています。これを機に、是非ご確認ください。

<従業員が希望する妊娠・出産を実現するために~働きながら不妊治療を受ける従業員へのご理解をお願いします~>
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/pamphlet/30.html