新たな技能実習制度がスタート 292団体を監理団体として許可


厚生労働省と法務省が共管する「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(以下「技能実習法」)が11月1日から施行されました。

厚生労働大臣・法務大臣が、監理団体292団体に施行日付で許可を行ったといういうことで、その旨の公表がありました。

技能実習法では、技能実習生の受け入れに当たり重要な役割を担う監理団体を許可制としており、今年6月1日から外国人技能実習機構(以下「機構」)本部で許可申請の受付が開始され、施行日である11月1日付けで一般監理事業または特定監理事業を行う監理団体の許可が行われました。

今年7月3日からは、機構の地方事務所・支所で技能実習計画認定の申請が受け付けられており、順次、認定手続を進めていくとのことです。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<新しい技能実習制度がスタートしました~11月1日付けで監理団体として292団体に許可~>
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000183027.html