新卒内定者 24事業所で86人が内定取消し うち5事業所の事業所名を公表


厚生労働省から、今月15日、「平成28年度新卒者内定取消し状況」が公表されました。
これは、今年3月に大学や高校などを卒業して4月に就職予定だった人のうち、内定を取り消されたり、入職(入社)時期が延期(繰下げ)となったりした人の状況を取りまとめたものです(本年8月末現在の状況)。
今回の公表に当たっては、内定を取り消した事業所のうち、5事業所について、事業所名が公表されています。

新規学卒者を雇い入れようとする会社は、内定の取消しや入職時期の繰下げを行う場合には、ハローワークに通知する必要があり、今回の取りまとめはそれら通知内容が集計されたもの。
その結果、平成28年度に内定取消しとなった学生・生徒数は86人(24事業所)だったとのことです。
事業所名の公表は、内定取消しが「事業活動縮小を余儀なくされているとは明らかに認められない」などの場合に、求職活動をする学生の適切な職業選択に役立つよう、厚生労働大臣が実施できることになっており、平成28年度の内定取消しについては、5事業所がその対象になっています。

詳しくは、こちらをご覧ください。
厳しい処分のようにも思えますが、このページで、事業所名の公表も行われています。
新卒採用をしている企業では、このようなことがないよう、注意が必要ですね。
<平成28年度新卒者内定取消し状況>
・・http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000177604.html