作業員の死亡事故などを受け、建設業団体に注意喚起(国交省)


国土交通省は、先月(8月)11日の丸の内のビル建設工事での事故に続き、今月12日、13日と道路工事において作業員の死亡事故が発生している状況を受け、土地・建設産業局長から建設業団体に対して、安全対策に関する注意喚起が行われたことを公表しました。
新名神の建設現場では、事故が相次いでいて、死亡事故も数件発生。今月12日には、運営会社が謝罪会見を開いたところでした。

詳しくは、こちらをご覧ください。
<建設業団体に対する注意喚起について>
http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo13_hh_000528.html