働き方改革 産業医の機能の強化などの法整備 議論開始


厚生労働省から、今月6日に開催された「第107回労働政策審議会安全衛生分科会」の資料が公表されました。

 メインの議事は、「産業医・産業保健機能の強化等に関する法整備等」です。
 同分科会では、働き方改革実行計画を踏まえた今後の産業医・産業保健機能の強化について、本年4月から4回にわたり検討を重ね、本年6月には、次のような内容を、厚生労働大臣に建議していました。

●今後の産業医・産業保健機能の強化に向けた対策として、「事業者における労働者の健康確保対策の強化」、「産業医がより一層効果的な活動を行いやすい環境の整備」などの事項を踏まえて、速やかに法的整備を含めた所要の措置を講じることが適当である。

 これを受けて、法整備の議論が開始されました。秋の臨時国会に向けて、急ピッチで準備が進められることになりそうです。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
<第107回労働政策審議会安全衛生分科会/資料など>
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000176574.html