人材力強化に向けた研究会を立ち上げ(経産省)


経済産業省から、今月5日、「我が国産業における人材力強化に向けた研究会を設置します」というお知らせがありました。

 第四次産業革命等の急激な環境変化の中で、我が国産業が持続的に成長していくためには、基盤となる「人材力」の抜本強化は喫緊の課題です。
 そこで、「人生100年時代」を踏まえ、社会全体として人材の最適配置が行われるよう、次のような事項を検討するために設置されたのが、「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」です。

・リカレント教育の充実
・(特に大企業から中小企業等への)転職・再就職の円滑化、
・転職・再就職の円滑化のベースとなる必要とされる人材像の明確化や確保・活用
・産業界として果たすべき役割など

 この研究会には、2つのワーキング・グループを置き、事例・実態を収集し、課題及び今後の方向性について検討していくとのことです。
 9月下旬頃から随時開催し、年度末に一定のとりまとめを行うことになっています。
 
 具体的に、人材力強化につながる政策が打ち出されることになるのか?
 今後の動向に注目です。
 
詳しくは、こちらをご覧ください。
<我が国産業における人材力強化に向けた研究会を設置します>
http://www.meti.go.jp/press/2017/09/20170905003/20170905003.html