厚生年金保険料 18.3%で固定に 今年9月分から


厚生年金保険の保険料率は、平成16年の改正により保険料水準の上限が設けられ、その水準に達するまで、段階的に引き上げられてきましたが、今年9月、その上限の18.3%に達しました。
 今後は、更なる法改正がない限り、18.3%で固定されることになります。
<引上げ前後の率の比較>
・平成29年8月分〔9月納付分〕まで……18.182%(折半9.091%)
・平成29年9月分〔10月納付分〕から……18.300%(折半9.150%)
 
 なお、健康保険の保険料率(全国健康保険協会管掌健康保険の都道府県単位保険料率)及び子ども・子育て拠出金の率については、同月からの改定はありませんが、協会けんぽにおいては、これらの率も一体化した都道府県ごとの保険料額表を公表しています。
 
詳しくは、こちらをご覧ください。
<協会けんぽの都道府県ごとの健康保険・厚生年金保険の保険料額表>
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3150/h29/h29ryougakuhyou9gatukara

〔参考〕これで、厚生年金保険の保険料率の引き上げは完了しました。
 しかし、自民党内には、「こども保険」を創設した場合の財源として、保険料を、厚生年金保険で0.2~2.0%、国民年金で月160円~1,670円それぞれ引き上げ、それにより、約3,400億~3.4兆円を捻出する案が浮上しているとのことです。まだまだ、現実味のない段階ですが、動向をチェックしておきたいところです。