求人倍率 43年5か月ぶりの高水準


今月29日の閣議で、今年7月の有効求人倍率、完全失業率、1世帯当たりの消費支出などの数値を含む3つの調査(一般職業紹介状況〔厚労省統計〕、労働力調査・家計調査〔総務省統計〕)が話題になりました。

 厚生労働大臣からは、「平成29年7月の有効求人倍率は前月より0.01ポイント上昇し、1.52倍と43年5か月ぶりの高水準となりました。また、正社員の有効求人倍率は1.01倍と前月に引き続き1倍を上回りました。また、完全失業率は前月と同水準の2.8パーセントとなっています。現在の雇用情勢は着実に改善が進んでいると判断をしております」といった発言がありました。

 その一方で、7月の1世帯当たり消費支出は、2か月ぶりに前年実績を下回ったようで、報道機関などの分析では、「雇用・所得堅調も消費支出低迷」、「好循環は道半ば」といったものが目立ちます。

 詳しくは、こちらをご覧ください。
<閣議の概要など/平成29年8月29日(火)午前>
http://www.kantei.go.jp/jp/tyoukanpress/201708/29_a3.html

※関連リンクのところで、「一般職業紹介状況(平成29年7月分)」、「労働力調査(基本集計) 平成29年(2017年)7月分」、「家計調査(二人以上の世帯)平成29年(2017年)7月分速報」の詳細がご覧になれます。