IT関連産業の給与等に関する実態調査 経産省が実施


今後の我が国産業の成長にとって重要な役割を担うことが期待されるIT人材の給与等の実態について、経済産業省及び独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は、IT関連企業とIT人材の双方に対してアンケート調査実施し、その内容を分析。調査報告書として取りまとめました。 その調査報告書が、今月21日に公表されています。

 調査内容には、「IT関連企業の給与制度、給与決定にあたって重視している要素等の把握」、「IT人材の残業時間と勉強時間の把握、属性別の分析」など、興味深いものが含まれています。

 経済産業省は、この調査結果から、IT関連業界における給与制度や採用等に関する現状及び課題を把握し、今後の施策の検討材料するとのことです。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<IT関連産業の給与等に関する実態調査結果を取りまとめました>
http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001.html