中小企業の人手不足対応などについて検討を進める(厚労省)


厚生労働省は、今月21日開催の「第2回 中小企業・小規模事業者の働き方改革・人手不足対応に関する検討会」の資料を公表しました(18日に先行して公表)。

 この検討会は、「働き方改革実行計画」を踏まえた中小企業等の取組を推進するため、中小企業等の置かれている実態を把握するとともに、制度に係る理解の促進、中小企業等による「働き方改革」・人材確保に係る支援の在り方等を検討するため、本年7月末に立ち上げられたものです。

 具体的な検討事項は次のとおりです。
・働き方改革・人手不足を巡る中小企業・小規模事業者の現状把握
(優良事例の発掘・横展開を含む)
・働き方改革等に対応する中小企業における課題の整理と支援策の検討
(雇用・労働政策面や中小企業等経営強化法の支援等)
・各地域における横断的取組の推進(面的な支援体制の構築等)

 今回の検討会は、「自治体からのヒアリング」、「企業の働き方改革の取り組み紹介」、「中小企業・小規模事業者における「働き方改革」実現に向けた対策(案)」が議事となっています。

 具体的な支援策などが示されるのはもう少し検討を進めてからになると思われますが、今後の展開に注目です。

<第2回 中小企業・小規模事業者の働き方改革・人手不足対応に関する検討会 資料>
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000174879.html

〔参考〕第1回の同検討会の資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000173106.html