障害年金の差引認定の基準の改正 今年9月から適用


厚生労働省より、「国民年金・厚生年金保険 障害認定基準の一部改正について(平成29年8月10日年管発0810第1号)」という通知が公表されました(本年9月1日から適用)。
 
 障害基礎年金(国民年金)並びに障害厚生年金(厚生年金保険)に係る障害の程度の認定の基準のうち、身体の同一部位に新たに障害が加わった場合の障害の程度の認定(以下「差引認定」という。)について、これまでの認定事例を分析したところ、一部の事例において、差引認定後に支給される障害年金の等級が、現在の障害の状態に相当する等級よりも低い等級になることが確認されました。
 
 そこで、過去の認定事例に当てはめたときに、原則として差引認定後に見込まれる支給年金の等級と、現在の障害の状態に相当する等級が同じ等級となるよう、専門家の意見を踏まえ、「国民年金・厚生年金保険障害認定基準」の一部が改正され、本年9月1日から適用されることになりました。

 この通知では、新旧対照表で、改正箇所が示されています。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
<国民年金・厚生年金保険 障害認定基準の一部改正について(平成29年8月10日年管発0810第1号)>
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/doc/tsuchi/T170814T0010.pdf