情報セキュリティ強化で局を新設へ(総務省)


高市総務大臣は、今月1日の閣議後記者会見で、サイバーセキュリティーの強化を目的として「情報セキュリティ政策局(仮)」を来春に新設する方針を明らかにしました。

 同大臣は、「国際的なサイバー攻撃が激化しておりまして、総務省が所管する領域、つまり省内、自治体、ICT企業、そして、今取り組んでおりますIoT、マイナンバーシステム、政府共通プラットフォームなどでも、サイバーセキュリティの強化というのは喫緊の課題でございます。リスクを最小化するために、やり過ぎということはないぐらいしっかりと情報セキュリティを守れる体制を作り、人材育成にも取り組んでいかなければなりません。」とコメントしています。

 また、現在の情報通信国際戦略局を、情報通信分野以外も含めた日本のインフラ技術の国際展開を担う「国際戦略局(仮)」に今秋に改組する考えも示しました。

 詳しくは、次の「高市総務大臣閣議後記者会見の概要」の冒頭発言/[総務省の組織改革]の部分をご覧ください。


<高市総務大臣閣議後記者会見の概要>
http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/01koho01_02000610.html