療養病床に入院する65歳以上の方の光熱水費の負担が変わります(厚労省)


厚生労働省から、今月25日、「平成29年10月から医療療養病床に 入院する65歳以上の方の光熱水費の負担が変わります」という案内がありました。

 具体的には、医療と介護の負担の公平化を図る観点から、「入院時生活療養費の生活療養標準負担額のうち居住費にかかる部分」について見直すこととされました。
 ただし、今回の見直しにおいては、指定難病の方や老齢福祉年金受給者については、引き続き負担を求めないこととされました。


 詳しくは、こちらをご覧ください。

<平成29年10月から医療療養病床に 入院する65歳以上の方の光熱水費の負担が変わります>
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000172405.html