人手不足はバブル期並みも生産性は低迷 働き方改革、AI活用が急務(内閣府、経済財政白書で指摘)


白書では、現状について、景気回復が戦後3番目の長さに達し、人手不足はバブル期(昭和61年~平成3年)並みの水準になったが、労働者の生産性は低迷し、個人消費の伸びも弱いと分析。

打開策としては、長時間労働の是正といった「働き方改革」や、人工知能(AI)導入といった技術革新を進め、生産性を高めることが重要だと指摘しています。

おおむね、安倍政権が進める働き方改革や人材への投資といった政策を確認するような内容となっています。

 詳しくは、こちらをご覧ください。


<平成29年度年次経済財政報告(経済財政白書)>
http://www5.cao.go.jp/j-j/wp/wp-je17/index_pdf.html
 ※最後の方の「おわりに(PDF形式:238KB)」をご覧になると、全体像を掴んでいただけると思います。