協会けんぽからお知らせ マイナンバー制度による情報連携(試行運用)を開始


 今月18日から、協会けんぽにおける一定の申請において、マイナンバー制度による情報連携(試行運用)を開始するとのお知らせがありました。
 具体的には、高額療養費などの申請において、非課税証明書等の添付書類が必要となる場合に、申請書等にマイナンバーの記入を求め、情報連携を行うとのことです。
 ただし、7月から3か月程度は、「試行運用期間」とし、引き続き従来と同様に添付書類の提出も求めるとのことです。
 なお、本年秋頃には本格運用が開始され、一部の添付書類が不要とされる予定です。
 
 詳しくは、こちらをご覧ください。
<平成29年7月18日よりマイナンバー制度による情報連携が開始されます>
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/home/g5/cat550/sb5010/290526001