マイナンバー制度における情報連携の試行運用 今月18日から開始


マイナンバー制度における情報連携について、試行運用を「今月18日」から開始することが公表されました。

 情報連携とは、マイナンバー法に基づき、これまで国民・住民の皆様が行政の各種事務手続で提出する必要があった書類を省略することができるよう、専用のネットワークシステムを用いて、異なる行政機関の間で情報をやり取りすることです。

情報連携の本格運用が開始されれば、マイナンバーを用いる事務手続において、これまで提出する必要があった書類(住民票の写し、課税証明書など)が省略できるようになりますが、当面3か月程度を予定している試行運用期間においては、従来どおりの書類の提出をしてほしいということです。

 
 なお、情報連携の試行運用に併せ、マイナポータル・子育てワンストップサービスについても、試行運用が開始されるとのことです。

 詳しくは、こちらをご覧ください。

<マイナンバー制度における情報連携の試行運用開始について(内閣府)>
http://www.cao.go.jp/bangouseido/case/individual/shikou.html
<マイナポータルの試行運用開始について>
http://www.cao.go.jp/bangouseido/myna/index.html#mynaPortalUnyo