平均寿命・平均余命とも前年を上回る結果に(平成27年調査)


厚生労働省が、平成27年の簡易生命表の概況を公表しました。
平成27 年簡易生命表によると、男の平均寿命は80.79 年、女の平均寿命は87.05 年となり前年と比較して男は0.29 年、女は0.22 年上回りました。平均寿命の男女差は、6.26 年で前年より0.07 年減少し、主な年齢の平均余命をみると、男女とも全年齢で前年を上回ってる結果となりました。
平均寿命の前年との差を死因別に分解すると、男女とも悪性新生物及び心疾患(高血圧性を除く)などの死亡率の変化が平均寿命を延ばす方向に働いています。

詳細は、以下のURLからご覧いただけます。
厚生労働省HP「平成27年簡易生命表の概況」
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life15/index.html