「求人票内容が労働条件と違う」3900件 2015年度


厚生労働省は6月8日、2015年度中に全国のハローワークに出された求人票の賃金や就業時間などに関する記載内容と実際の労働条件が違うケースが計3926件あったと発表しました。求職者からの求人票の記載内容に関する苦情や相談件数の合計は1万937件で、前年から11%減少しています。

【時事通信】
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016060800862&g=eco