健康保険証番号が10万人分流出 該当者に通知へ


健康保険証の番号など約10万人分の個人情報のリストが流出した問題で、このうち36都府県の1万8470人分の番号が現在も使用されていることがわかりました。

厚生労働省は、該当者に通知した上で要望があれば番号変更を認めます。これほど大規模な番号変更は異例とのことです。

【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG31HAJ_R00C16A6000000/