大手自動車製造メーカー 休業手当 労働組合と事実上妥結


大手自動車製造メーカーは、燃費データの不正の影響で岡山県倉敷市の工場が生産を停止していることに伴い自宅待機となっている従業員1300人に対し、5月は、最初の5日分は賃金の85%、それ以降は満額に相当する金額を休業手当として支払うことで労働組合側と妥結しました。

 

【NHK】
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160523/k10010531181000.html