高校生バイト、3割で労働条件トラブル


 厚生労働省は5月18日、アルバイト経験のある高校生1854人を対象にしたアンケートで、少なくとも32.6%が労働条件を巡る何らかのトラブル経験していたとの調査結果を発表しました。「1日に労働時間が6時間を超えても休憩時間がなかった」「働いた時間分の全てがアルバイト代として計算されていない」など、労働基準関係法令違反が疑われるケースもありました。

【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG18H89_Y6A510C1CR8000/