職員が収益着服 障害者への賃金が減る


愛知県一宮市の障害者就労支援施設「コスモス」で、男性職員が、障害者が働いて得た2008〜11年の収益計約2200万円を着服し、障害者らへの賃金が一時的に減っていたことがわかりました。施設を運営する社会福祉法人は、この職員を既に懲戒解雇し、働いていた障害者43人に計230万円を支払ったということです。

【朝日新聞】
http://www.asahi.com/articles/ASJ4D5HS9J4DOIPE01Q.html