自民、就職時の年齢制限見直しなどの検討に着手


自民党は3月10日、「差別問題に関する特命委員会」の初会合を開き、就職時の年齢制限見直しなどの検討を始めました。日本では、年齢制限は原則禁止されているものの、多くの例外を認めており、年齢制限のある場合が多く、採用時の年齢制限や定年制などについて、どう見直すか検討することにしています。

【日本経済新聞】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS10H4D_Q6A310C1PP8000/