現役世代が負担する介護保険料が過去最高


 40歳~64歳までの現役世代が負担する介護保険料は、今年4月以降、1月当たり平均5,300円と現在より175円増加し、これまでで最も高くなることが厚生労働省の推計で分かりました。
 介護サービスを利用する高齢者の増加に伴い、介護にかかる費用が増え続けています。また、一方で介護の必要性が低い人へのサービスの見直しなども検討される予定です。