2015年の有効求人倍率1.20倍 24年ぶりの高水準


 厚生労働省が1月29日発表した2015年平均の有効求人倍率は、前年を0.11ポイント上回る1.20倍で、1991年以来24年ぶりの高水準となりました。また、総務省が同日発表した2015年平均の完全失業率(速報値)は3.4%で、前年より0.2ポイント低下しました。

【朝日新聞】
http://www.asahi.com/articles/ASJ1X7JBTJ1XULFA03H.html

【読売新聞】
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160129-OYT1T50037.html